日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

●商品のコアコンセプトを明確にするために必要なポイントとは?

ゼロからの起業構築請負人

中野究です。

こんばんは。

今日は、昨日お話したコアコンセプトを

明確にするために必要なポイントについてお話していきます。

シンプルにいきます。

コアコンセプトを明確にするポイントとは、

リサーチを徹底的に行う。

たったこれだけです。

たったこれだけですが、

リサーチはそれほど重要なのです。

さて、ここであなたにに質問です。

あなたは、ビジネスをする上で

リサーチと聞くとどういう意味を思い浮かべますか?

大事なことなので、ちょっと考えてみて下さい。

リサーチは、例えば、

「何かを調べること」

「情報を収集すること」 

「世の中の流れや市場を把握すること」

などと、思いつかれたかもしれません。

たしかにリサーチという言葉自体には、

そういう意味が含まれていると思います。

が、ことマーケティングをする上で、

リサーチを考えるとき、リサーチとは、

情報を収集することではありません。

少なくとも、私のビジネススクール流ではそうです。

今後、あなたがビジネスで成功するために、

私たちが提唱している、次のリサーチの定義をぜひ覚えて下さい。

絶対に損はないはずです。

リサーチとは、

「お客さんの気持ちになること」

です。

非常に大切なので、もう一度言います。

リサーチとは、

「お客さんの気持ちになること」

です。

お客さんの鼓動が聞こえるくらいお客さんになりきり、

深くお客さんを理解することによって、初めて見える

お客さんの真のニーズや感情があるのです。

お客さんの真のニーズや感情を知ることができれば、

前回お話したビジネスモデル構築において、

最重要ポイントである「コアコンセプトの明確化」を

容易に行えるようになります。

つまり、リサーチの目的は、

あなたの商品のコアコンセプトを明確にすること

にあるのです。

商品のコアコンセプトとは、

「誰に売るのか?」

  +

「何を売るのか?」

  +

「自社商品の強み(USP)」

でした。

お客さんの気持ちになることで、

どんな人があなたの商品を求め、

一体何をメリットと感じていて、

なぜ数ある商品の中から、

あなたの商品を買うのかを知ることができるのです。

また、このリサーチという要素は、継続的に利益を

上げていくためもなくてはならないものです。

リサーチが出来ていないと、商品が売れるかどうかが

運に左右されるようになります。

そうなると、運良く商品が売れて利益を出しても、

一時的な収入で終わってしまうかもしれません。

言葉は悪いですが一発屋のような感じです。

残念ながら一発屋のようになってしまうと、

長期にわたってビジネスを楽しみながら時間と

お金の自由を得続けることが難しくなってしまいます。

では、なぜリサーチができていないと、

継続的に稼ぎ続けることができないのか?

それは、お客さんの気持ちがわかっていないので、

次にお客さんが何を欲しているのかがわからなくなり、

売れる商品を新しく開発することができないからです。

究極的に、ビジネスの目的とは、

誰かの悩みを解決すること、もしくは、

誰かの望みをかなえてあげることです。

あなたが今使っているパソコンも

座っているイスも着ている服もあなたの悩みを

解決するために誰かが作ってくれたものです。

仕事を早く快適にすすめるためにパソコンが

作られました。

床に座って作業がしづらいという悩みを

解決するためにイスができました。

裸でいると寒いから、服というものができました。

また、普通の服だと面白くないので、

よりおしゃれな服ができました。

このように世の中にある商品のすべては

誰かの悩みを解決するために存在しているのです。

そして、リサーチで大切な要素のひとつとして、

この誰かの悩みがどこにあるのか?

ということを徹底的に調べることがとても重要です。

さらに、その悩みを解決するために

お金を払ってまで解決したいのか?

という視点でも、考えていく必要があります。

人はいろいろなことで悩みます。

今晩の夕食の献立

デートの行き先

今日のファッション

人生の進路

など、大小さまざま色々なところで悩みます。

ただ、ここでどういう悩みにたいして、

人はお金を払うのかをリサーチする必要があるのです。

私が教えているビジネススクール生のある生徒さんは、

今話してきた教えに従って人の悩みを探していました。

そして、悩みを探している中から見つかったものは

「靴の選び方」でした。

女性は靴を選ぶときにとても悩みます。

ですから、靴を選ぶ方法をノウハウにして

販売すればビジネスになるんじゃないだろうか

と思った訳です。

ただ、ちょっと考えてください。

たとえば、あなたはどの靴を買えば良いか

迷ったときに「こっちの靴を買った方がいいよ。」

と教えてもらうのにたとえば1万円を払いますか?

自分で例を出しておいてこんなこと言うのもなんですが、

私ならこれから靴を買うときにどっちを買えば良いのかを

教えてもらうのにはお金は払わないと思います。

だって、選んだ靴を買うのに靴代がかかりますからね(笑)

そこで、その方は、そもそも女性は靴を選ぶのに

なんで悩むんだろうか?ということを“リサーチ”して、

いろいろな女性に聞いてみました。

そうすると意外な答えが出てきたのです。

女性が靴を選ぶ理由の1位は、ファッション性でした。

これは当然でしょう。

ただ、女性が靴を買う理由の2位にランクインしたのが、

ビジネスをはじめる上で重要なポイントになったのです。

女性が靴を選ぶ理由の2位は、

「痛くない靴を選ぶ。」

という理由だったのです。

多くの女性が靴を選ぶときに、

ファッション性はもちろん重視しつつも、

さらに足が痛くならない靴を選んでいたのです。

また時にはファッション性を無視してでも

足が痛くならない靴を選ぶこともあったのです。

では、女性の足の痛みの原因をなくすノウハウを

販売すれば売れるんじゃないだろうか?

と予測をたてて、また“リサーチ”したのです。

そうすると、実に女性の70%以上が足の痛みに

悩んでいることが分かったのです。

そして、今、この方は女性の足の痛みをなくす

マッサージを教えることで成功しています。

「靴の選び方」から

「足の痛みがなくなるマッサージ」へ

徹底したリサーチの結果、コアコンセプトを変える

ことで成功したとても良い事例だと思います。

このように実際に悩みを直接聞いて、リサーチを

することによって、売れるビジネスアイデアを

見つけることができます。

そして、

リサーチをろくにせずにビジネスを開始すると、

多くの場合は、誰の悩みを解決するどんな商品なのか、

その商品のウリは何なのかが分からずにビジネスを

スタートしてしまうので、失敗に終わるケースが

多いのです。

ですから、

あなたも自分のビジネスを始めるときは

しっかりとリサーチをしてからビジネスを始めてくださいね。

ビジネスをこれから始めようと思っている人の中で

きっちりとリサーチをしてからはじめる人は、

おそらくそんなに多くないと思います。

起業した人の内、1年以内に30%以上の人が

そして5年以内に70%以上の人が廃業してしまう

というデータがそれを物語っています。

リサーチはあなたのビジネスの成否を握っています。

ぜひ、リサーチを自分のものにしてください。

ただし、正直リサーチは一朝一夕で身につきません。

正しいやり方を知り、実践し、修正する。

この繰り返しによって、少しずつ身につくものです。

しかし、

「リサーチのやり方を腹の底から身につける。」

たったこれだけで、起業や副業の成功率は抜群に上がり、

余計なコストを大幅に削減することができます。

リサーチのスキルは、自分のビジネスだけでなく

他人のビジネスも手伝える絶対に損しない一生モノの

スキルになります。

なので、ぜひ時間と多少のお金を自己投資して、

リサーチのスキルを身につけてくださいね。

それでは、今日はここまでにします。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

感謝をこめて。

ゼロからの起業構築請負人

中野究より