日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

【脳トレ】ムンクの叫びのようになるな!

「ムンクの叫び」という絵は

とても有名ですよね。

でも、もしあなたが、

ムンクの叫びの絵のような状態になったら・・・
 

脳の状態は大変です。

おそらく脳はほとんど動いていないかもしれません。

なぜなら、恐怖は究極の「ストレス」だからです。

 「ストレス」

は、脳にとって大きな大きな問題になります。

川村明宏先生と若桜木虔先生の

「中高生・受験生の頭をよくする本」には、

こう書かれています。

———-

激しい怒りにふるえるとき、強い恐怖心に襲われたとき、

ショッキングな出来事に遭遇したときなどに、ストレスはピークになる。

こういうストレス時には、

心臓の鼓動が激しくなって血圧が上昇するのはもちろん、

同時に顔面が蒼白になったり、頭髪が逆立ったり、

手足の先が冷たくなったりする。
 

伝奇物語などには、非常な恐怖に遭遇し、

黒々としていた髪がたった一晩で真っ白になってしまった、

などというエピソードが書かれていることがある。

これは、物語のうえだけのことではない。

私自身もそのような実例を知っている。

交感神経の異常発動で末梢の動脈が極度に収縮し、

局部的な酸欠状態が生じて

頭髪の色素を司る部分の細胞が死んでしまった、

ということなのだろう・・・

 参照元:中高生・受験生の頭をよくする本より

———-

たしかに人は、

恐怖すると極度のストレス状態になり、

脳が酸欠状態になって働かなくなります。

その結果何も考えられなくなることも

少なくありません。

実際に、生活の中でストレスを持てば持つほど、

頭の回転が悪くなるのは事実です。

もしあなたが

何かを判断する時、勉強する時、速読をするときは、

 「リラックス」

して行うことがとても有効になりますので、

頭の片隅に入れておいてくださいね。

それでは、また。

感謝をこめて。

★この記事が参考になったという場合は
 シェアいただけると大変嬉しいです!!

★【無料】1日1分脳トレ講座を開講中
⇒ http://www.nichinou.jp/zip/365ame