日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

自分の可能性をひろげよう!【人生を変える】

 【自分の可能性をひろげよう! ~ 人生を変える ~】

人は気をつけないと、

知らず知らずのうちに

自分で自分の可能性を

制限してしまうことがよくあります。

想像してみて下さい・・・

ひと昔と比較すると、

今の時代ほど可能性に満ちあふれた

時代はないと思いませんか?

やろうと思えば

私たちは世界中を

旅行することができます。

今では、昔ながらの新聞や

テレビ、雑誌、ラジオなどの

メディアに加え、

インターネットを駆使すれば、

世界中のいろんな情報を

無料(もしくは格安)で

手に入れることができます。

学習しようと思えば、

やろうと思えば、

何でもあらゆることを

学ぶことができるのです。

こんな事は、一昔前では

ほとんど不可能でした。

そういった意味では、

私たちはとても恵まれた世界に

生きていると言えます。

このように、本当は可能性に

満ちあふれている世界に

生きているにも関わらず、

多くの人は、自分の可能性に

勝手にフタをしてしまう

クセを持ってしまっているのです。

なぜ、自分の可能性を閉じてしまう

クセを持っているかというと、

いろいろな要因があります。

例えば、

人は、他人が成長したり

成功したりするのを見ると、

「置いていかれるのではないか」

といった心配や恐怖に無意識的に

とらわれてしまいがちなので、

つい、人の成功をねたんでしまったり

(無意識に)邪魔をしてしまったり、

「やめときなよ。
 そんなの無理だよ。」

と足をひっぱって

しまうことがよくあります。

そして、そういった人の

マイナスの影響を受けてしまうと、

自分自身の可能性を膨らませることに

ブレーキがかかってしまうのです。

これは外部(自分以外)の

環境からの影響です。

たとえ家族や親友同士の

関係であっても、

こういう事は無意識的に

よくあることなので、

定期的に自分の生活や

コミュニケーションを

チェックすることをオススメします。

もう一つ要因をあげると、

何か大きな困難や

問題にぶつかった時、

「自分には無理だ」

「やっぱりできない」

などと思ってしまって、

自分で自分の可能性にブレーキを

かけやすくなりがちなので、

大きな障害に

ぶつかった時にこそ

自分の感情を意識して

コントロールしていきましょう。

もし、自分の可能性をすぐに

制限してしまう習慣を

持ってしまっていると、

本当は、自分の中に

優れた能力や隠れた才能が

あるかもしれないのに、

少しの障害で、そういった力が

発揮されなくなるので、

非常にもったいない

悪習慣であるといえるのです。

そんな中、自分の可能性を

制限しないようにする

ちょっとしたコツをお伝えします。

このコツは、

世界的なベストセラーの

「金持ちと父さん貧乏父さん」
(ロバート・キヨサキ著)の

著書で紹介されていた方法です。

そのコツとは、

「できない」と言うことを
~~~~~~~~~~~~
自分で禁止することです。
~~~~~~~~~~~~

「できない」という言葉は

ものすごく否定的な言葉で、

とても強力なマイナスパワーを

発揮してしまうのです・・・

人間の脳は

「できない」と言った瞬間に

自動的に思考停止状態に

おちいってしまうからです。

では、どうしたら良いかと言うと

何か問題や困難にぶつかった時に、

どうすればできるようになるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~

こう自分に問いかけることが、

大切なポイントになります。

どうすればできるようになるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~

を自問自答することで、

一見、非常に難しい問題に

直面している時でも、

脳が自動的に問題解決に向かって

働いてくれますので、

あなたの脳から、

いろいろな解決策やアイデアが

浮かんでくやすくなるのです。

今後、「できない」「無理だ」と

言葉に出す前に、

どうすればできるようになるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~

を習慣にしてみてください。

「どうすれば・・・」思考を

常にしている人と、

すぐに「できない」思考を

繰り返している人。

長い目で見て、どちらの人が

成長すると思いますか?

人生よりよくなると思いますか?

今日お伝えしたい内容は

以上です。

それでは、また。

感謝をこめて。