日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

大反響!女の子の「夕焼けエッセー」【人生を変える】

【『大反響!女の子の
 「夕焼けエッセー」』 ~ 人生を変える ~】

たった一言でいいから・・・

12歳の女の子の詩が今、

もの凄い反響をよんでいます。

魂が揺さぶられます・・・

とても心が動かされましたので

この日脳通信で

あなたにもご紹介します。

~~~~~~~~~~

わたしは

しゃべれない歩けない
口がうまくうごかない

手も足も
自分の思ったとおり
うごいてくれない

一番つらいのは
しゃべれないこと

言いたいことは
自分の中にたくさんある

でも

うまく伝えることができない

先生やお母さんに
文字盤を指でさしながら

ちょっとずつ
文ができあがっていく感じ

自分の言いたかったことが
やっと言葉になっていく

神様が1日だけ魔法をかけて
しゃべれるようにしてくれたら…

家族といっぱい
おしゃべりしたい

学校から帰る車をおりて

お母さんに

「ただいま!」って言う

「わたし、しゃべれるよ!」って言う

お母さんびっくりして
腰をぬかすだろうな

お父さんとお兄ちゃんに電話して

「琴音だよ!早く、帰ってきて♪」って言う

2人ともとんで帰ってくるかな

家族みんながそろったら
みんなでゲームをしながら
おしゃべりしたい

お母さんだけは
ゲームがへたやから負けるやろうな

「まあ、まあ、元気出して」
ってわたしが言う

魔法がとける前に
家族みんなに

「おやすみ」って言う

それでじゅうぶん

森琴音さん「わたしの願い」

~~~~~~~~~~

これは2013年の10月1日
産経新聞の「夕焼けエッセー」
に掲載されたものです。

彼女が事故で
しゃべれなくなったのは
3歳の時。

3歳の年頃の子は、
おしゃべりが
相手に通じるようになって

たくさんたくさん
お話をしたがる時期です。

実際
琴音さんのお父さんも、

「肢体不自由になるまでは
よくしゃべる子供でした」

と言っています。

そして完成したエッセーを
読んだ父親の淳さんは

「言葉を失った琴音の
 思いを初めて知った」

と涙が止まらなかったそうです。

かくいう私も涙腺崩壊でした。

あなたはどのように感じましたか?

それでは、また。

感謝をこめて。