日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

心いやされる小学1年生の作文【人生を変える方法】

心いやされる小学1年生の作文【人生を変える方法】

小学1年生の作文 人生を変える方法

今日は、心いやされる
ある「小学校1年生の作文」
を紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

せんせいが、

「きょうのしゅくだいは、(だっこ)です。
おうちの人みんなにだっこしてもらってね」

といいました。

ぼくもみんなも

「ええーっ」 とびっくりしました。

だって、だっこのしゅくだいなんて、
はじめてだからです。
なんかはずかしいとおもいました。

でも、うれしかったです。

いそいでいえにかえりました。

いえにかえって、すぐ、おかあさんに、

「だっこがしゅくだいにでたんよ。
しゅくだいじゃけえ、だっこして」

と小さいこえでいいました。

おかあさんは

「へえ、だっこのしゅくだいでたん?」

とびっくりしました。

でも、すぐ「いいよ」と
にっこりしていってくれました。

おかあさんはすわって、ぼくをひざにのせて、
りょう手できゅうっとだきしめてくれました。

おかあさんのからだはぬくかったです。

だっこしてもらっていたら、
ぼくのからだもぬくくなりました。

ぼくが

「おうちの人みんなにだっこして
もらわんといけん」といったら、

おかあさんがちっちゃいばあちゃんに
「だっこしてやって」といってくれました。

ちっちゃいばあちゃんはわらって

「おいで」

といって、だっこしてくれました。

そして、

「大きゅうなったねぇ」

といってくれました。

つぎは大きいばあちゃんにだっこしてもらいました。

大きいばあちゃんはぼくをだっこして

「おもとうなったのう」といってくれました。

さいごはおうさんでした。

おとうさんはいきなり
りょう手でぼくのからだをもちあげて、
どうあげをしてくれました。

ぼくのからだはくうちゅうに

 ふわっ

とうかんで、きもちよかったです。

おとうさんはぼくをゆっくりおろして、
ぎゅっとだきしめてくれました。

おとうさんのからだはぬくかったです。

ぼくはまたしてもらいたいとおもいました。

だっこのしゅくだいがでたから、
かぞくみんなにだっこしてもらいました。

さいしょははずかしかったけど、

きもちよかったです。

だっこのしゅくだい、

またでたらいいなとおもいました。

引用元: (孤独になる前に読んでおきたい10の物語 講談社)

ーーーーーーーーーーーーーーー

心温まる作文ですね。

この作文を読んで、

小さなお子さんを持つ
お父さんやお母さんは、

特にリアルに情景が
思い浮かんだかもしれません。

子供は少し大きくなると、

「恥ずかしい」気持ちが
芽生えるので、〈だっこ〉を
してもらいたくても、

なかなか言い出せなくなるものです。

そんな子どもたちに
「宿題」といって、

家族と触れ合いを持たせた
先生も素晴らしいと思いました。

 
●追伸

いつもブログをご覧いただき
ありがとうございます!

私がまずお伝えしたい内容を
5分間の動画にまとめました。

「人生を変えたい方」や、
「自分を変えたい方」には
必見の内容です。

 
●追伸2

【1日1分脳トレメール講座】

1日たった60秒の「魔法の言葉」で
あなたの脳の力が飛躍的にアップする
メール講座を開講しています。

1日1分脳トレメール講座

人生を変える方法や、
自分を変える方法を知りたい方は
一度こちらのメール講座も
読んでみてください。

 
それでは、また!

 
感謝をこめて。

 
中野究