日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

死の宣告を受けた男の素敵な夢物語【人生を変える方法】

死の宣告を受けた男の素敵な夢物語【人生を変える方法】

病気のために、ただ
「壁だけ」をみながら死を待つ。

そんな中で、あなたは
仲間に希望を与えられますか。

   ・
   ・
   ・

これは米国であった本当のお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

昔は「死の病」と言われる
病気が多くありました。

そういった病気になってしまうと、

隔離された部屋に入って
ただ死を待つだけなんです。

そんな「死の宣告」を受けた
7名の患者が入っている
部屋がありました。

彼らは自力では動けません。

死と隣り合わせの同室の患者は
みんな心がすさんでいました。

その患者を前にして
唯一窓から外を見れる
ジミーという男は

いつも窓から見える光景を
みんなに語ってました。

「おーい、みんな、
 今日は子供たちが遠足だよ。

黄色いカバンを
さげている子がいるな。

いやぁ、ピンクの帽子を
かぶっている子もいるよ。

かわいいな。

3番目と4番目の子が
手をつないで歩いている。

きっと仲良しなんだろうなぁ。

あ、空には
黄色い蝶々が飛んでいるよ。」

他の患者たちは
このジミーの語る話を
大変楽しみにしていました。

というのもジミーの話で

窓の外のイメージを
膨らませることができたからです。

でも、1人だけ
ジミーを羨み嫌っていた
トムという男がいました。

「どうしてジミーだけが
 窓際にいるんだ。」

と逆恨みをしていたからです。

ある日、朝起きてみると、
窓際に寝ていたはずの
ジミーがいません。

昨晩、亡くなったのでした。

ここぞとばかりトムは、
すかざすナースに頼みます。

「俺をジミーが寝ていた
 窓際にやってくれ」

と。

しかし、ナースたちは顔を曇らせ
なかなか言うことを
聞いてくれません。

業を煮やしたトムは、
声を荒げて怒鳴ります。

それで仕方なくナースたちは
トムを窓際に移しました。

喜んだトムは、

「俺は外の景色を
 みんなに話さないぞ。
 自分だけで楽しむんだ」

そう思って窓の外を見たとき
トムは愕然とします。

窓から見えたのは
灰色の古ぼけた壁だけだったのです。

その瞬間、トムはジミーの心や
想いがすべてわかったのです。

「ジミーは、
壁しか見えないのに・・・
自分たちのすさんだ心を
励ますために・・・

それに引き換え・・・

自分ときたら
自分だけ楽しもうなんて・・・

何と浅ましい
心の持ち主であろうか。

何という
恥ずかしい自分であろうか。」

その瞬間から
トムの心は変わったのです。

   ・
   ・
   ・

「おーい、みんな、
今日は花屋さんが通るぜ。

車の中はバラの花でいっぱいだ。

前のほうは、
あれはパンジーの花だな。

あの隣の黄色いバラ、
甘い香りがするだろうな。」

ーーーーーーーーーーーーーーー

想いが本物なら、
人には伝わるものなんですね。

ジミーのその想いが
本物だったからこそ

トムもきっと、・・・

今日の記事は以上になります。

 
●追伸

いつもブログをご覧いただき
ありがとうございます!

私がまずお伝えしたい内容を
5分間の動画にまとめました。

「人生を変えたい方」や、
「自分を変えたい方」には
必見の内容です。

 
●追伸2

【1日1分脳トレメール講座】

1日たった60秒の「魔法の言葉」で
あなたの脳の力が飛躍的にアップする
メール講座を開講しています。

1日1分脳トレメール講座

人生を変える方法や、
自分を変える方法を知りたい方は
一度こちらのメール講座も
読んでみてください。

 
それでは、また!

 
感謝をこめて。

 
中野究