日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

右脳と左脳の働き 【自分を変える方法】

右脳と左脳の働き 【自分を変える方法】

 
右脳と左脳の働き 自分を変える方法

 
左脳は論理的思考能力に優れ、

右脳はイメージや全体視野、
長期記憶や高速処理能力が高い。

 
このように右脳と左脳の働きには
違いがあるのですが・・・

 
多くの人は、ほとんど
左脳だけしか使えていません。

 
たとえば・・・

男が駆けてきて
あなたとすれ違って走り去り、

その男の後ろから
スーパーの店長が
「強盗だ!その男を捕まえて!」
と追いかけてきた・・・
 
という状況を
イメージしてください。

 
結局、男は現行犯で捕まえられず、

あなたは後になって警察から
男を手配するために
協力の証言を求められました。

 
男の人相は?身長は?
着ていた服は?

 
このような時、

実はほとんどの人が
左脳型の脳であるために、

男の人相を正確に
思いだすことができません。

 
そのため、警察官から
執拗に尋ねられると、

空想で犯人の人相を
デッチ上げてしまう、
 
という悲劇が現実的に
たくさん起こっています。

  
一方、テキパキと
モンタージュ写真を作ることができ、

身長も服装も実に
的確に答えられる人もいます。

 

こういった人が
右脳型の人になります。

 
左脳型の人が
世の中に多いのは、

左脳偏重教育を
受けているためで
仕方がありません。

 
しかし、後天的な訓練で
いつでもあなたの右脳を
鍛えることはできます。

右脳の活性化を
目指していきましょう。