資産家の学校【中野究 公式サイト】資産形成で人々を幸せに。富を築き人生を変える方法

緊急事態宣言が発令された今だからこそ読んでみたい1冊

前回の記事で
お伝えさせていただいた通り、

緊急事態宣言が発令された今、

お勧めの考え方の1つは、


「自分がコントロールできる問題と
自分ではコントロールできない問題を
切り離して考えていく。」
^^^^^^^^^^^^^^

ことです。

自分一人では到底解決できないような
どうしようもない問題について、

あれこれずっと悩んでいても
現状はまったく良くなりません。

こういう非常事態の時こそ、

まずは自分ができる事や
今こそやるべき事にフォーカスし、

そしてコツコツと実践していく、

といった姿勢がこれまで以上に
大切だと私は考えています。

そして、

もう1つのお勧めの考え方は、

「7つの習慣」から引用しますと

今こそ「刃を研ぐ」時です。
^^^^^^^^^^^^^

つまり、今こそ
レベルアップをする時です。

外出自粛の今こそ、

思考を昇華させ、

ご自身の考え方や習慣を
自宅でできる「読書」で
アップデートしていきましょう。

ということで、

前回予告しました通り、

本日は、

「こんな時こそ読んでみたい
いろんなジャンルの良著」

をピックアップしてお届けします。

本来、私は小説や漫画、映画などの
エンターテイメントも大好きなので、

そういったものも
ご紹介していきたいのですが、

記事の分量の関係で、

今日は、あなたが様々な
ジャンルやテーマで

「レベルアップ」できる
良著をご紹介していきます。

私自身が、とても
ためになった本ばかりです。

今現時点のあなたのニーズに
合ったものをピックアップして
読んでみてください^^。

※緊急事態宣言で多くの書店が
休業していると思われますので、

アマゾンのリンクを貼っておきます。

※値段が安い電子書籍のほうの
リンクを貼っておきますね。

電子書籍は、すぐに
スマホやタブレットに
ダウンロードして読めますし、

(配達)人との接触も防げますよ。

この機会に、電子書籍の読書も
検討してみてくださいね^^。

ーーーーーーーーーーーーーーー

★習慣をアップデートできる名著

○7つの習慣

※全世界3000万部。
日本でも180万部を超える
『不朽の名作』。

著者のコヴィー博士は
最近亡くなってしまいましたが、

この著書は永遠に人類に
読み継がれることでしょう。

・人格をもっと磨いていきたい

・もっとよりよい習慣を
身につけていきたい

というニーズを持つ人は
必ず読んだほうが良い一冊です。

★あらゆる人間関係を
改善したい人にとってのバイブル

○人を動かす

※「職場で怖くて電話が取れない」
「人とまともに話ができない」

私は20代中盤まで、
そんなコミュニケーション障害を
抱えてずっと苦しんできました。

そんな私が立ち直って、

今では講師や講演家といった
コミュニケーションのプロとして
活動できるようになったのは、

間違いなく、この本のおかげです。

1936年の初版以来、世界中で
ずっとずっと読み継がれてきた
「人間関係」のバイブルです。

人間関係に困った事が起きたら
この本を見返すと良いでしょう。

★自分を好きになれる1冊

○嫌われる勇気

※自分に自信が持てない。
自分の事を好きになれない。

という人は、この本を読むと
きっと勇気が湧いてくるでしょう。

フロイト、ユングと並ぶ心理学界の
三大巨匠の一人のアドラー。

心理学の多くは
難解で救いが得られない
身もふたもない教えが多いなか、

このアドラー心理学こそ、

こういった非常事態かつ
変化が求められていく今、

大切な考え方だと考えています。

このアドラー心理学を

「悩める若者と先生」

といった対話形式で
まとめていれいるので、

内容がすっと入ってきますし、
臨場感があってわかりやすい。

この本の価値は、そこにあります。

★世界は今どうなっているのか?
今後世界はどうなっていくのか?
を様々な角度で考えていきましょう。

○FACTFULNESS:10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣
※昨年2019年に読んだ本の中で
私がもっとも感銘を受けた1冊です。

おそらく、ほとんどの方は、

「今世界がどのような状況か」

というこの本の最初に紹介されている
超基本的な3択クイズの大半を
正解することができません。。。

私自身もそうでした(汗)。

それは、私たちが愚かなのではなく、

人は「思い込みに支配されている」
に過ぎないということです。

3択クイズですから、
もしチンパンジーが回答を選ぶと、

チンパンジーは
適当に回答を選びますから、
33%の確率で正解しますよね?

ですが・・・

なんと、世界中の
頭の良い人たちですら、

「世界の超基本的な問題の正解率が
チンパンジー以下になってしまう」

という衝撃の事実からスタートします。

そこから、この本では
世界を正しく読み解く考え方と、

多くの人が誤解しやすい
「バイアス」や「思い込み」
への対処方法まで
詳しく解説してくれています。

最後に、思ったよりもずっと

「世界は昔にくらべると
かなりより良くなっている」

ことがデータで示されていますので、

勇気が得られる一冊になっています!
^^^^^^^^^^^^^^^^

(※多くのマスメディアは
人々の不安を煽ることで
視聴率を稼いで儲けていますから、

こういった素晴らしい現象を
ぜんぜん報道しないんですよね。)

○2030年の世界地図帳 あたらしい経済とSDGs、未来への展望

※「SDGs」をご存知でしょうか?

SDGsとは、国連が私たちの世界を
世界規模でよりよくするために定めた
2030年までの目標です。

このSDGsと近未来の展望を
落合陽一さんが、わかりやすく
解説してくれています。

落合陽一さんは頭が良すぎて
動画や書籍で何を言っているのか
わからないことも多いのですが(笑)、

この本はわかりやすいです^^。

・今の時代の変化に
追いつけていない・・・

・これからの時代が
どうなっていくのか不安・・・

といった方にはお勧めの1冊です。

○AI vs. 教科書が読めない子どもたち

※AIが台頭してきた時に、

自分自身が今後、どのようなスキルや
能力を手に入れたら良いのか?

自分の子供にはどういった
教育をしていけば良いか?

こういった事に関心のある方には
お勧めの1冊です。

東大合格を目指して開発されてきた
AI:「東ロボくん」は、結局
東大には合格できませんでした。

ですが、MARCH
(明治・青山・立教・中央・法政)
クラスの大学には合格しました。

ここからわかるAIの限界と、
AIに仕事を奪われない人間とは?

東ロボくんを開発したAI技術者が
たどり着いた意外な結論とは?

★健康になりたい。
免疫力を高めたい。
痩せたい。鍛えたい方へ。

○プリズナートレーニング:圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

※私は、この筋トレを
長い期間、習慣化しています。

おかげで、現在40歳ですが
20代の人たちとも楽しく
フットサルをプレーできています。

(※この1ヶ月フットサルが
まったくできていないのが
つらいところではあります(涙))

緊急事態宣言で多くのジムが
休業している今こそ、

自宅で筋トレを
習慣化するチャンスです。

なによりお金も器具も
一切かからない方法なのが
嬉しいですね^^。

アンチジムを提唱している
この本に関して、

「ジム関連の人間からの
否定コメントが一切ない・・・」

という驚異の一冊です。

古代ギリシャの
キャリステニクスから
時代を遡って、

「人間の強さとは何か?」

というテーマで研究に研究を重ねた
筋トレメソッドの集大成が
この1冊に詰め込まれています。

お金をかけずに効果効率的に
鍛えたい人のバイブルです。

★資産形成:もっと深く
信託や富裕層・資産家の世界を
知りたい方へ(上級編)

○ウェルス・マネジャー:富裕層の金庫番――世界トップ1%の資産防衛
※ときおり、

・「信託」について
もっと知りたいです。

・プライベートバンクの仕組みや
世界観をもっと勉強したいです。

といったご質問をいただきます。

信託や富裕層の世界についての
良著が日本には
なかなか無いのが現状です。

そんな中、少々、値が張りますが、

私のような立場の人間にとっての
「必読書」を
この機会にご紹介します。

欧米では、

「世界の富裕層・資産家の資産を
法律の専門家の立場で守る
ウェルス・マネジメント」

というお仕事があります。

そして、その仕事につく人は

「ウェルス・マネージャー」

と呼ばれ、現在、世界の
富裕層市場では、ものすごく
需要のあるサービスとなっています。

この本をお読みになれば、

私が【資産家の学校】
解説してきたお話の

より深い富裕層の世界を
知ることができるでしょう。

かなり奥の深い世界なので
上級者向けです。

もし、この本を手にとるなら、

ざざざっと、世界観を
トレースすると良いでしょう。

1から10まで理解しようとすると
きっと挫折すると思います。

この本の興味深いポイントは、

著者が女性の学者さんであり、

こういった格差に繋がる
ウェルス・マネジメントに
否定的な立場を取っている
というポイントが1つ。

(※でも、合法なので
難しい問題ですよね。という
結論で締め括られています)

もう1つのポイントは、

著者が、この富裕層の世界を
理解するために、

わざわざ世界最大の
「ウェルス・マネジメント」
の資格を取るために

かなりの資金と
2年間という時間をかけて
勉強し続け、

最終的に資格を取ってしまう・・・

という、かなり気合の入った
人物であること。

そして、資格を取るまでの過程で
得た人脈や経験に基づいて
この世界を解説しているのが秀逸です。

※この本を読めば、

私がお伝えしているのは

日本では特殊なお話に
聞こえるかもしれませんが、

このウェルス・マネジメントの
お金持ちの世界では、

ごくごく当たり前のお話だと
ご理解いただけるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー

以上、本日は、

「こんな時こそ読んでみたい
いろんなジャンルの良著」

をピックアップして
合計8冊ご紹介しました。

どれも、私自身が
ためになった本ばかりです。

今現時点のあなたのニーズに
合ったものをピックアップして
読んでみてくださいね^^。

それでは、また。

感謝をこめて。

中野究