日本脳力開発協会 中野究 公式サイト

【脳トレ】良書は「最低◎回以上読む」が大切

 【良書は「最低◎回以上読む」が大切】

本日は「読書」について

多くの人が実践していない、

とても大切なお話をしたいと思います。

読書とは、その名のごとく、

「書物を読む」

ということですが、

ひとつ陥りがちな落とし穴があります。

それは・・・

「本を1回読んだら終わり」
~~~~~~~~~~~~~~

と思っている人が

圧倒的に多いという落とし穴です。

もし、今後の人生をより充実したい、

もしくは今の現実や生活を変えていきたい!

と考えている方は、

本は「多くの本を読む」よりも、

「いかに良い本を何度も読むか」を大切にしてみてください。

すなわち、「量より質」です。

もちろん読書は「量」も大切ですが、

「質」の方がより大切です。

本を1度読むよりも2度、

2度よりは何度も・・・

何度も読むと、

そのときの心境やステージも違うので、

毎回違う気づきや違った学びが得られるのです。

これに気がつくことが

成長につながります。

同時に、本の著者が書いている意図も、

何度も読むと感じやすくなります。

良書は

「最低7回」

読んでみましょう。

これを機に、本棚に眠っている良著を取り出して、

何度も何度も読むことをオススメします。

ご参考ください。

それでは、また。

感謝をこめて。

★この記事が参考になったという場合は
 シェアいただけると大変嬉しいです!!

★【無料】1日1分脳トレ講座を開講中
⇒ http://www.nichinou.jp/zip/365ame