資産家の学校【中野究 公式サイト】資産形成で人々を幸せに。富を築き人生を変える方法

同年代の貯蓄額、みんなはいくら貯めている?【資産家の学校】by 中野究

同年代の貯蓄額、みんなはいくら貯めている?【資産家の学校】by 中野究

資産家の学校 資産形成 中野究 貯金額

※参考サイト※
自分と同年代の人はどれぐらいお金を貯めているのか?

↑のサイトのデータで出ている
60代、70代の平均、中央値付近や
それ以下の方々って、

リタイアした後はどのように
生きていくつもりなのでしょうか(汗)?

適切な資産形成
(お金からお金を生み出す方法)を
知らないと、ほぼほぼ確実に
老後難民となってしまいますよね・・・

まだ実感がわかない方は
小学生でもわかる
算数をしてみましょう。

例えば、この人生100年時代。

70歳でリタイアして30年間夫婦で
生きていくとして、2人で慎ましく
月30万円で暮らしていくとしましょう。

そして、2人の合計の年金収入が
15万円(月)だったとすると、

月々15万円の
マイナスになりますよね?

※もちろん↑の
シミュレーションは人によります。

月々15万円のマイナスなら
1年間では180万円のマイナスです。

リタイア後30年の人生なら、

180*30で5400万円の
マイナスになるわけです。

※30年も生きることを
想像できないなら、

20年間であれば?

180*20で
3600万円のマイナスですね。

つまり、リタイアした時に
資産形成をしなければ

(残念ながらほとんどの日本人は
資産形成をできていません)、

それくらいの貯金が必要ということは、

小学生の掛け算をすれば
出てくるわけです。。

(※資産形成をしなければです)

「自分はそんなに
生きないから大丈夫」

と漠然と思っている人は、

お迎えが来なかった時に
悲惨な人生となるわけで。

その時に後悔しても遅いわけです。

という事を、そろそろ日本人
国民全員が簡単な算数をして
真剣に考えなければならない
時代に突入しています。。

繰り返します。

この、60代、70代の平均値、
中央値付近や以下の方々で、

さらに資産形成にも
取り組まない方々って、

リタイア後の人生。

どうなってしまうと思いますか?

これが、資産形成の原点です。

それでは、資産形成をして
リタイア生活も安心。
豊かで幸せなリタイア生活を送りたい、

という方は以下の無料オンライン講座で
続きをご覧ください。

【資産家の学校】

それでは、また。

感謝をこめて。

中野究