資産家の学校【中野究 公式サイト】資産形成で人々を幸せに。富を築き人生を変える方法

●速読をマスターした人が語る秘訣

なぜ、数ヶ月前まで
速読の素人だった65歳の男性が
10分間で250ページの本を
読めるようになってしまったのか。

もしくは、
こういった人達もいます。

「もう分速1万字で読めるようになりました」

「立ち読みでも1冊読んでしまいます」

こう語るのは、
数ヶ月前まで速読を
まったく学んだことのなかった人たちです。

彼らは日脳速読を学んで、今では
速読を十分に
使いこなせるようになりました。

だいたい、彼らは
分速5,000字~10,000字程度のスピードで
本や文章を読んでいきます。

分速5000~10000字というと
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、

一般的な200~300ページの本であれば、
10分~60分程度で読んでしまうスピードです。

これくらい読書スピードがあれば、
素晴らしいとは思いませんか?

しかし、今では、
こんな速読力を身につけた彼らも、
日脳速読を学ぶ前は、
特別な能力など
何も持っていない普通の人々でした。

では、なぜ彼らに
劇的な変化が起きたのか?

その秘訣を聞くことは、今後、
あなたが速読を身につけるで
参考になることが多いと思いました。

そこで、

「なぜ、短期間で
速読を身につけることが
できるようになったのか。」

それは、こちらで解説していますので、
あなたのヒントにしてください。
 ↓↓
こちら

それでは、
本日はこのへんで。

日本脳力開発協会
速読マスター講師
中野究より

感謝をこめて。