私たち日本人は、ぼったくられています・・・【資産形成】

私たち日本人は、ぼったくられています・・・【資産形成】

昔から私のオンライン講座で
学ばれている方々はともかく、

「え!?」

っと思われた方も
いるかもしれませんね(苦笑)。

大切なのでしっかりと解説します。

私たちは、長い間・・・

そして今もなお、

日本の大手金融機関に
ぼったくられています・・・

こういった事を言うと、

「いやいや、それはあくまで
中野さんの意見ですよね。」

と反論する人がいることは
心得ています。

そもそも、

「え?ぼったくられてるって
本当かな・・・」

と、まだまだピンと
きていない方も多いことでしょう。

なので、今日は私の意見よりも、

世に出ている記事や
情報をご紹介していきます。

そういった内容を通して、

私がお伝えする事に
確信を持っていただけら幸いです。

まず、こちらの記事からです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
●投資信託:顧客の46%が損失抱える by 日本経済新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーー

ひどいお話です。

日本の大手証券会社や
日本の大手銀行の窓口や
営業マンからの提案を信じて、

コツコツ毎月投資信託へ
積み立てていた人たちの中で、

約半数もの人たちが
損していたというのですから。

私は日本の大手金融機関を
窓口とした投資信託自体を
まったくオススメしていません。

最悪の選択の1つです。

なぜ、日本では
こういった事が起こるのかを
掘り下げていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
●顧客起点へ改善迫る 金融庁、金融機関ごとに成績比較 by 日本経済新聞
ーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事にヒントが出ていますね。

「顧客起点へ改善迫る」・・・

ということは、

日本の金融機関は、ずっと
顧客に寄り添っていなかった、

と読み取れますね。

次にこちらの記事をご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
●「銀行の提案に飛びつかない」やってはいけない退職金の使い方
ーーーーーーーーーーーーーーーー

退職金をもらう時、

「絶対やってはダメなこと」が
まとめられています。

「日本の大手金融機関の
営業マンを自宅に入れてはいけない」

に関しては100%同意します!

※この記事の最後のほうの
NISAの内容には異論ありです。

投資信託は、まず何より
『手数料をいかに抑えるか?』
^^^^^^^^^^^^^^
というリテラシーなく
選ぶべきではありません。

そもそも、

「日本の大手金融機関の
提案を聞いてはいけません。」
^^^^^^^^^^^^^^

彼らのビジネスモデルは
手数料ビジネスなので、

彼らが関心あるのは、

あなたの資産を増やすことではなく、

金融商品をたくさん買わせて
手数料で儲けることだからです。

もう一度、お伝えします。

彼らの1番の関心、本音は、

「あなたから手数料を
ぼったくること」

です。お気をつけくださいませ。

実は、過去、私自身が
被害にあっているので、

つい私の感情も
入ってしまいました(苦笑)。

畳みかけます(笑)。

動画や書籍でも日本の
大手金融機関の「ぼったくり構造」
を学んでいきましょう^^。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

★学校では教えてくれない「資産運用の鉄則」素人が必ずハマる罠編 by 中田敦彦のYouTube大学

【参考】マンガでわかる シンプルで正しいお金の増やし方 著者:山崎 元

※『手数料ハンター』

素晴らしいキーワードです!

※ここに紹介されている
「買ってはいけないもの」
の金融商品に関しては
すべて100%同意します。

買ってはいけません。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

★投資でぼったくり商品を買わないためのまとめ by 両学長 リベラルアーツ大学

★貯蓄型保険の正体はボッタクリ投資信託! 実は全然お得じゃない
貯蓄型保険で貯金や投資をすると失敗する理由 by 両学長 リベラルアーツ大学

【参考】本当の自由を手に入れる お金の大学

※「お金を増やす」最良の方法を解説されていないのが残念です(お金が無い方々を主にターゲットにしているので、仕方が無い面もあると見ています。)。その他の「貯める」「稼ぐ」「守る」「使う」には、うなづける内容が多かったので紹介します。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に、以前お送りした
私の動画講座も再送します。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
★金融資産の徹底比較:優れた資産とは何か?(21分)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

お見逃しの方は、
この機会に学んでください。

まだご覧になっていない方は
お見逃しなく^^。

以上、本日は、

「私たち日本人は
ずっとずっと日本の大手金融機関に
ぼったくられています・・・」

というテーマでお届けしました。

もし、過去、
日本の大手証券会社や
日本の大手金融機関を窓口に
投資信託などの金融商品を
買ってしまった方は、

この機会に

「目を覚ましましょう(笑)」。
^^^^^^^^^^^^^^

先進国の中で、残念ながら、

日本人はマネーリテラシーがずっと
最下位という惨憺たる状況です(涙)。

だからこそ、日本の大手金融機関に
手数料でぼったくられている事に
気がついていない日本人がまだまだ多い

というのが今の悲しい
悲しい日本の現実です。

マネーリテラシーが高い
欧米金融先進国は、

こんなにひどい
現実にはなっていません。

欧米金融先進国の人たちは、
金融商品を買うとき「手数料」を
しっかりと見て判断しますから。

だからこそ欧米の金融機関は
日本よりも健全な競争をしていますね。

よって今回の問題は
日本特有の問題です。

ご参考くださいませ^^。

それでは、また。

感謝をこめて。

大切な人たちを富裕層へ導く
資産形成マスター

中野究