手数料ハンターの実体:日本大手金融機関の闇【資産形成】

手数料ハンターの実体:日本大手金融機関の闇【資産形成】

今回は、「日本大手金融機関の闇」である

手数料ハンターの
実体に迫っていきます。

ずばり結論からお伝えしますと、

もし私がリスク資産である
「投資信託」に投資するなら、

金融機関に支払う「年間手数料」を、


「0.5%未満」に抑えるでしょう。
^^^^^^^^^^^^^^^^

つまり、年間「0.5%」以上も
手数料を支払う投資信託は、そもそも
「足切りする」ということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^

もし、投資信託を購入されている方は

この機会に、年間手数料の足切り
チェックをしてみてくださいね^^。

もう、この時点で、

日本大手金融機関を
窓口とした投資信託は、

ほとんど全滅だと
気がつかれることでしょう。

それでは、ここからは
わかりやすく数字を使って、

高額手数料ぼったくりの
凄まじい威力を解説してみます(笑)。

日本大手金融機関を窓口とした、

投資信託の手数料は
主に以下の3つです。

1:販売手数料(購入金額の0~3%)
2:信託報酬 (運用金額の0.05~4%)
3:信託財産保留額 (売却金額の0~0.5%)

たとえば、日本大手金融機関で
販売されている以下の代表的な
投資信託の手数料を考えてみましょう。

・販売手数料:1.5%
・信託報酬:2%
・信託財産保留額:0.2%

もし、この投資信託の
パフォーマンスが良くて、

・なんと年利10%出たとしましょう。

もし、この幸運な投資信託に
100万円を投資していて、

1年で売却した場合を
シュミレーションしてみましょう。

すると、手数料の合計は、

販売手数料=15,000円
信託報酬=20,000円
信託財産保留額=2,000円

手数料合計額:【37,000円】

となることがわかりますね?

年間のリターンは幸運にも
10%だったので
10万円増えるはずでした!

ですが、そこから手数料合計額
37,000円を差し引くと、

手残りは63,000円
になってしまいます・・・。

実際の投資効率は、

年利6.3%にまで
下がってしまうのです(涙)。

つまり、本当は年利10%の
成績だったにも関わらず、

日本大手金融機関の
高額な手数料を差し引くと、

実質年利は6.3%と、

3.7%もパフォーマンスが
下がってしまうのです。

高額手数料の実体を
イメージしていただけましたか?

これが、例えば、

投資元金が1000万円だったら
手数料の合計は37万円!

投資元金が1億円だったら
なんと370万円!も手数料を
ぼったくられてしまうのです。

資産形成を考える時、

この日本大手金融機関の
「高額手数料」は、

心得のある人たちにとっては
バカバカしい出費となります。

ありえないと考えます。

ぜひ、日本で販売されている
投資信託の(隠された)
手数料がどれだけ高いか、

ご自身でも確認してみてください。

結構、小さい文字で
手数料の内訳が書かれていますから
ご注意くださいませ^^。

↑の例は、わかりやすく

・元金:100万円

・パフォーマンス:年間10%

・日本大手金融機関の
代表的な手数料率

を元に解説しました。

実際、10年、20年、30年と
長期期間でパフォーマンスを見た時に、

年間平均10%を超える投資信託は
めったに、めったにありません。

(※コロナ対策で世界中が金余りとなり
資金がリスク資産に殺到して、価格が
爆上がりした、この2年は例外です。)

ほぼ全てのアクティブファンドは、
長期で見るとS&P500などの
優良インデックスに
パフォーマンスは勝てない!
^^^^^^^^^^^^

という残念な結論も出ています。

(※アクティブとインデックスに
興味がある方が多ければ、
別途詳しく解説をします。)

つまり、そもそも投資するなら、

日本大手金融機関が提案してくる
高額手数料ぼったくりの
アクティブファンドより、

極力、手数料を抑えた上で、

S&P500などの優良インデックスに
積立投資したほうが良いですよ^^。

という、そもそも論があるのです。

以上、本日は、

「日本大手金融機関の闇」

手数料ハンターの
実体を解説しました。

前回に引き続き、繰り返します。

もし、過去、
日本の大手証券会社や
日本の大手金融機関を窓口に
投資信託などの金融商品を
買ってしまった方は、

この機会に

目を覚ましましょう(笑)。
^^^^^^^^^^^^

それでは、素敵な週末を
お過ごしください。

感謝をこめて。

大切な人たちを富裕層へ導く
資産形成マスター

中野究

●追伸

私も含めて、

私の周りの資産家の方々の中で、

日本の大手金融機関を通して
「投資信託」などの
金融商品を買っている人は

一人もいません。
^^^^^^^^

「資産運用は
日本の大手金融機関を窓口に
投資信託で投資しましょう!!」

といった空気が、まだまだ
日本全体を覆っていることは
心得ています。

なので、今日のお話は、
まだまだ抵抗感がある方が
少なくないことと思われます。

心得のある資産家の方々は、

「日本の大手金融機関」を通すと

「余計な手数料が
上乗せされている」
^^^^^^^^^


事を知っているだけです。

もし、投資信託を
選択肢に入れるとするなら、

日本の大手金融機関から
余計な手数料を取られないよう、

手数料を極力おさえられる
優良なネット証券を活用するか、

ダイレクトに海外への
優良な金融ファンドにアクセスし、
手数料を抑えた工夫をした上で
運用していくことでしょう。

彼ら資産家・富裕層の思考法を
じょじょに腑に落としてくださいね^^。

繰り返します。

日本の大手金融機関を窓口とした
「投資信託」を購入するのは、


最悪な選択の1つなのです。
^^^^^^^^^^^^