今なお語り継がれる『金持ち父さんの教え』とは?【資産形成】

今なお語り継がれる『金持ち父さんの教え』とは?【資産形成】

久しぶりに『金持ち父さん』
シリーズを読み直しました^^。

新たな発見がありましたね~。

やはり・・・ すごい本です!!

せっかくなので、

『金持ち父さんの名言集』

という形で以下まとめてみました!

今後の資産形成に
お役立てくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

■金持ち父さんの名言集

『お金に関する教育が自分に足りないことが問題なのだと気づく人は、ほとんどいない』

『「お金になんか興味はない」と言う人はおおぜいいるが、そう言いながら1日8時間せっせと働いている。そんなのは真実を否定していることにしかならない。本当にお金に興味がないのなら、なぜ働いているんだ?』

『「そんなことはあなたにはできない」という言葉は必ずしも「あなたにできない」ということを意味しない。むしろ、それを言っている当人ができないことを意味していることのほうが多い。』

『「大事なのはお金じゃない」などと言う人は、お金のない状態を長く続けたことがないに決まっている。』

『人々が経済的に苦しんでいる理由は、何年も学校に通いながら、お金について何も学んでいないことにある。学校で、人はお金のために働くことを学ぶ。だが、お金を自分のために働かせることは知らないままで一生を終わる。』

『一生をお金のために働きながら、お金はたいして重要じゃないというふりをし続けるのは馬鹿げている』

『残念なことに、学校でのファイナンシャル教育が不足しているせいで、たいていの人は銀行家、ファイナンシャル・プランナー、株式ブローカーなど、お金の専門家だと自分が信じる人々に、何も考えずにただ自分のお金を渡してしまう。』

『金持ちになりたければ、お金について勉強しなければならない。』

『富というのは、今日仕事をやめたとして、あとどれくらい生きていけるかを指す。』

『金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、資産だと思いこむ。』

ーーーーーーーーーーーーーーーー

■『金持ち父さん』の大切な考え方

それでは、あらためて・・・

そもそも、

・資産とは何でしょう?

・負債とは何でしょう?

あなたは、人に
わかりやすく説明できますか?

考えてみてください。

ちなみに、『金持ち父さん』の
考え方はこちらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

☆資産は私のポケットに
お金を入れてくれるもの。

★負債は私のポケットから
お金を取っていくもの。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

おおお。シンプルですよね!

とっても簡単です。

※ポケットは比喩です。

ここで、あらためて

世間的・一般的な
「資産」「負債」の考え方ではなく、

この『金持ち父さん』の考え方に沿って、

ご自身の持っているものが
「資産」か「負債」か考えてみてください。

新たな発見があるかもしれません^^。

もちろん、これは、正解・不正解
というお話ではありません。

「お金持ち」は、こういった
考え方をしているんですよ。

という、1つの「お金の哲学」です。

ちなみに、私は26歳の時に
『金持ち父さん貧乏父さん』
を初めて読みました。

頭に衝撃が駆け巡ったことを
今でも鮮明に覚えています。

そして、それから、ずっとこの
『金持ち父さん』の教えを忘れずに
これまで歩んできたからこそ、

今の私があると思っています。

なので、今日は著者の
ロバート・キヨサキさんへの感謝の
気持ちもこめてお届けしています。

正直、本の中には、

「うわ。それは厳し過ぎる^^;(汗)」

と感じたり、

「うわ~。さすがに
それは受け入れられないな」

といった内容も含まれていました。

今回、読み返してみても
あらためて思いました。

それでも血気盛んな
26歳だった頃の私は、

「金持ちになりたい!」

と強く思ってたんですよね(笑)。

だからこそ、

「まずは受け入れよう。」

と考えて、スタートしたことを
今でも鮮明に覚えています。

そして、今があります。

今日は、そんな昔を
懐かしく振り返りながら、

大切な「金持ち父さんの教え」を
シェアさせていただきました。

お役立ていただけたら嬉しいです。

それでは、また。

感謝をこめて。

大切な人たちを富裕層へ導く
資産形成マスター

中野究