資産家の学校【中野究公式サイト】資産形成で人々を幸せに。富を築き人生を変える方法

●自分を大切にする4つの方法

ゼロからの起業構築請負人

中野究です。

今日は、ビジネススクールの塾生何名かから相談を受けた際、

フィードバックさせてもらったことをまとめました。

「自己イメージ」を高める

4つの方法をお話します。

私が実際に行き着いて、

効果のあった4つの方法です。

2つはノウハウになります。

とても簡単なので騙されたと思って実行してみてください。

残りの2つはノウハウというより、

知っているだけで効果があります。

正確には知っているというか、

思っているだけで効果があります。

実際、私には劇的な変化がありました。

多分、半分ぐらいの人がわかっていて、

半分ぐらい人がわかっていないと思うんですが、

お客さんから頂く代金と、

自己イメージは、実はとても密接に絡んでいます。

自己イメージとは、

自分のことをどう思っているかです。

「情けない」とか「カッコイイ」とか「俺はすごい!」とかです。

残念ながら、「自分なんて」

と思っていると、一向に収益があがりません。

お金を受けるとことを申し訳ないと思って、

お金を受け取ることができないのです。

お金を受け取ることができない、

お金に対するメンタルブロック(心理的なバリア)です。

このお金に対するメンタルブロックは

自分でも気づかず無意識に表れます。

たとえば、

「商品を販売する前にもっと勉強しよう」など

現段階で不必要な勉強をはじめてしまって、

周りの堀から埋めていこうとする行動などになって表れてしまいます。

そのような訳で、

自己イメージを高めることが大切になってくるのですが、

この自己イメージを高める方法の1つが

アイデンティティです。

アイデンティティとは、自分がなんたるかです。

このアイデンティティは、

ものすごい爆発的なパワーを秘めています。

たとえば、私が講師をしている、

ビジネススクールでは、

ニックネームを変更して、

劇的に変わった人も沢山います。

スーパーヒーローヒカルさんや

ダメダメぷりん⇒アゲアゲぷりんさんなどは

自分のニックネームを変えて

目覚しい活躍をするようになりました。

アイデンティティは名前でもいいし、

肩書きでもよいです。

「○○の天才」でもなんでもいいです。

初めは恥ずかしいかもしれませんが、

冗談で言ったり、自分の中で認識していたり、

メールで自分で書くたびに、

あるいは人に呼ばれている度に

アイデンティティは徐々に強化されていきます。

その中でも特に効果が大きいのが、

声に出すことです。

自分の声でも他人の声(呼ばれる)でもいいです。

声が脳にダイレクトに伝わって、

無意識に強化されていきます。

アイデンティティが1つに決まらないという人も多いですが、

別に1つに決めなくても複数あっても前々構いません。

ただ、あり過ぎても逆効果になりますので、

片手で数えられるぐらいに決めるとよいでしょう。

と、

ここまでが自己イメージを高める1つの方法です。

もう1つの方法は、

「言葉を変える」ということです。

コレ、ものすごい効果があります。

ほとんどの人が信じてくれず、

やってくれていないのですが(苦笑)、

ものすごい効果があります。

人と話す言葉を変えてみてください。

自分自身と対話する言葉を変えてみて下さい。

活用例ですが、たとえば、特に人からほめられたとき、

冗談っぽく調子に乗ってみてください。(笑)

自分の話した言葉により、

無意識に脳が「あっ、そうなんだ」

認識してくれて、勝手に成長してくれます。

これは、特に日本人体質と呼ばれていますが、

多くの人は、ほめられると、

「いえいえ、そんなことないです。」「いえいえ。私なんて・・・

とか言って、謙遜しますが、

これって実は恐ろしいんですよね。

脳にどんどんどんどん、

「自分はダメだ」とインプットしているんですから。

無意識に思っていることが現実になります。

脳へのインプットとは、無意識に思っていることです。

ほめられたら

「だよね。すごいでしょ~(笑)私ってすごいのよ~(笑)」

などと冗談で言うようにしてみてください。

続けていくうちに、人生変わりますよ。

さてさて、自分を大切にするもう3つ目の方法は、

自分を自分だけのものだと思わないということです。

劣等感がある人、自分のことをけなす人というのは、

大いにして他人と比較する傾向にあるので、

他人のことを上に見ています。

表面上は他人をけなしている人もいますが、

それは多くは劣等感から来るものなので、

無意識の部分で、自分は他人より劣っていると思っているのです。

なので、

自分のことを自分だけのものと思わず、

自分を他人と同じように大切にするという方法が有効になってきます。

で、

どうすれば、自分を卑下しないで済むかですが、

自分は親のものと思うことです。

そして、

先祖代々、江戸時代や戦国時代、平安時代、弥生時代や縄文時代と、

ものすごい長い時間を生き抜いてきて、先祖代々、

DNAが受け継がれているのです。

自分は先祖のものなんです。

それだけ貴重な存在なんです。

親のもの、先祖のもの、

それを「自分なんて」とか「劣等性」だか、

「自分」という人間を粗末に思ったり、

粗末にしたら大変失礼だとは思いませんか?

「自己イメージを高める」最後の一つは、

あなたは成功者であり、

No.1だということです。

あなたは、それを全く覚えていないと思いますが、

確実な事実なのです。

なぜなら、動物だった時代から、

数億年、数千年生きてきたということは、

実はそれだけで成功体験の塊なのです。

大昔から滅んだり、なくなったりする人や動物が多い中、

生き抜いてきた、生え抜きの証拠があなたなんです。

これって、ものすごい確率だと思いませんか?

あなたが生きているというのは、奇跡中の奇跡という確率です。

生命の神秘にしてもそうです。

受精の際、さらに何千万という精子が死んでしまう中、

生き抜いてきた№1の精子があなたなのです。

あなたはおなかの中で確実にNo.1だったんです。

何万という精子の中から、どうにか生き抜き、

しかも、競争で1番最初に卵子にたどり着いた、

エリート中のエリートというわけです。

考え方が変わると行動が変わるので、

結果が変わってきます。ぜひ試してみてください。

長文になってしまいましたが、

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感謝をこめて。

ゼロからの起業構築請負人

中野究より